<< う〜ん、20年前、「エロスの果て!」に見えたモノは、、、 | main | あちゃ、人生は大変だ、生き残り戦線、波高し! >>

スポンサーサイト

0
    • 2011.10.01 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    人生、生きていくのは大変だ!

    0
       
       <この日記は、昨日、アップする予定だったけど、同時に書いていた「エロスの果てに!」を優先したので本日掲載したよ〜ん>

       あ〜、疲れた、この日記を書いているのは、27日火曜日の夜10時あたりだよ。何故、疲れたと言えば、今、往復で2時間を歩いて帰って来たんだ。別にウォーキングじゃないよ。そんなに歩くとは想定外だったし、体調も良くなかったので、結構、疲れちゃったのさ。
       なんか、ここんとこの日記は、ドン底オヤジのバイト捜しドキュメントみたいだね。まっ、今現在、就活はオイラの人生の最優先事項だから、しょうがないけどね。

       手な和氣で、この手のネタの時は、集中連載就活ドキュメント「バイトにありつけ!」ってタイトルにしたよ。今回は、昨日に続いて、その2回目ね。

       火曜日は、まず、裏のコンビニがスタッフ募集の貼り紙してるので、チョイと声かけたら、若い人が対象ですと断られちゃったよ。あちゃ〜、結構いけると思っていたのでショック!

       気を取り直して、以前に保留していたヤマトの仕分けの深夜バイトに電話して、夜8時に面接の段取り。現地は南船橋。地図で見ると京王線の船橋競馬場前から、徒歩で20分そ位で着きそうだ。で、通り沿いに、船橋競馬場、6年ぶり位だ。外観が以前よりも小綺麗になっている。

       そして、船橋オートの先にある現地に向かったんだけど、想像以上に遠くて、結局、駅から40分もかかったよ。地元で京成津田沼駅まで20分かかったから、合計で1時間さ。体調も悪かったので結構ヘロヘロ状態で面接。
       さすが、メジャーのヤマト、バイト面接もきっちりやった。梃子とで、採用されるか可能性は五分五分だね。3日位の内に合否の連絡帰をくれるってさ。そして、帰りも40+20分で都合、往復で2時間だよ。これで採用されなかったら、チョイとショックだね。

       そういや、こないだ「中野D児と語ろう会2」にゲストで来てくれた中村京子からの情報なんだけど、サブカルチャーのガロ系漫画家&風俗ライターのHさんが仕事が無くて、銀だこでバイトしてたそうな、オイラ的にはHさんは蛭子さんと同じ評価なんだけど、蛭子さんはギャンブルやおバカ・キャラで、なんとか生き残って、Hさんは、そんな状況なのさ。何とも言えないよね。

       さあっ、手持ちの現金は、千円になり、電気代は督促が来てるので、近日中なは、なけなしのコレクションからユニオンに買い取り持っていかないとな。まっ、自業自得なんだけど、ホントにキツイよ…あ〜あ、貧乏臭いとさげすまれても、誰か優しい人、津田沼まで来て廻る寿司でも奢っておくれ…£

      スポンサーサイト

      0
        • 2011.10.01 Saturday
        • -
        • 12:55
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        D児さん、はじめまして。
        以前もHPをちょくちょく覗いたりしていたんですが、たまたま今日ブログを発見し、D児さんの近況を見てコメントせずにいられませんでした。
        色々と大変そうな状況で正直驚いています。
        ビデオ草創期からD児さんの作品は見続けていました。何よりウルトラDレーベルはAV史に残る金字塔だと思っています。
        シネマジックのHP掲示板にもウルトラDのDVD化はしないのかと書き込みましたが、何の反応もありませんでした。
        だいたいシネマジックはD児抜きに語れないはずなのに、ファンからすれば失礼にすら思えます。
        ウルトラD以後のD児さんの作品は何故か枯れたような感じで、案の定徐々にリリースも減ってしまいましたが、もう一度原点に帰ってAVを撮ってみてはどうですか。
        今はXCREAM等、個人制作でAVをダウンロード販売してる人もいますし、D児ファンはいると思いますので商売になる気がします。ただしウルトラDの作風復活があってこそですが。(アロマ企画で出したようなのじゃ駄目だと思います)
        D児作品のエロの肝は、どんな女性をもビビッドなストリートガールへと変貌させてしまうようなマジックでした。
        デジタルアークや近年の痴女物に比べてもエロさと斬新さはいまだ上回っていますし、何よりいかにもそういうタイプじゃない(痴女っぽくない)女優さんも、あっという間にD児色に染めてしまうところが好きでした。
        もちろんロックなD児さんのライフワークは続けながらも、食い扶持としてのAV監督でいいじゃないですか。
        あとバイトですが、年齢的に色々大変だと思います。ひとつの手段として何かの免許を取るというのはあると思います。
        いきなりの長文失礼いたしました。応援しています。
        • ウルトラの弟
        • 2011/09/29 7:20 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM