<< ヘイ、エブリバ、みんなで語ろうぜ! | main | さて本日は「中野D児と語ろう会」だ、ヨロピクっ! >>

スポンサーサイト

0
    • 2011.10.01 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    中野D児と辿る自由への長い旅へ、ようこそ!

    0

       ♪いつの間にか私が/私でないような/枯葉が風に舞うように/小舟が漂うように/私がもう一度/私になるために/育ててくれた世界に/別れを告げて旅立つ/信じたいために疑い続ける/自由への長い旅をひとり/自由への長い旅を今日も…

       この曲を聴いてから40年が過ぎた。テレビじゃ、どじょう首相のかみさんがどんな香水買ったとか大騒ぎ…いい加減にしてくれ。日本はあの頃から、少しも進歩していないのかな。
       いや、もっと悪化してるのだろう。40年前と比較して自殺者はどのくらい増えているんだ。

       人や物事に優劣はつけられないけど、コンビニの募金箱に一度だけ10円入れただけでワイドショー見て同情してる人と、被災地に私財を投げうって半年間ずっとボランティアやってる人とどちらが世の中に貢献しているのか?

       う〜ん、9月上旬のオイラ、限界だった。近い時期に自殺しようと思った。この15年間は殆どドン底で、特に、この5年間はきつかった。そして、今も何も上手くいかないし、世の中に、そして、自分自身に絶望した。もう、疲れ切っていたんだ。

       本当は、自殺はオイラのモットーに反する。ただ、中野D児としての経済活動がまったく光が見えない。9月は、今のところ収入ゼロ。もともと、貯金なんかはまったく無い。しかし、支出はある。金をつくるため手持ちのレコードやCDを売ってしのぐ竹の子生活。ただ、それで家賃までは捻出は出来ない。総てに限界だ。でも、金のために、すぐありつける仕事はやりたくないものばかり。
       金がなきゃ生きて行けない。しかし、金は無い。だったら、死ぬしかないと思っていたわけよ。もう、いいよ、ギブアップです。オイラは人生に負けました…

       死にます…とね。

       窓から飛び降りちゃえば、総ての不安や苦痛から解放されるんだよ。

       21日のライヴは、この世の思い出になんとかこなそう。16日にリハやった。16年ぶりのデージー&レッツ・ゴーズのリハ。エエよ。バンドのビートやグルーヴ素晴らしい。オイラ自身の唄もあの頃に比べ手応えがある。イイなぁー、ロックやりてぇよなって気になっていた。

       少し生きていようかと思った。コンビニでバイト募集のフリーペーパーもらって来て、見た。やりたくない職種ばかりだ。その中でかろうじて出来そうなのを捜す。宅配便の倉庫整理の仕事。まっ、このあたりか…
       そんな時、Yuriから彼女の地元の自転車屋がバイト募集してるという。自転車屋で働くなんて、まったく想定外。しかし、面白いかも、この際だ、チョイと確認してもらった。一応面接してくれるとの由。自分自身にどんな可能性があるかなんて、やってみなきゃ判んないしね。
       でも、アクションに移るのは、ライヴやってからにすると決めた。とにかく、ライヴをやる事でそこで何を得るかで、それからの人生を決めようと思った。ダメだったら、死のうという気持ちは、まだ、くすぶっていた。

       そして、ライヴは既報のような結果だった。スゲェ〜良かった。デージー&レッツ・ゴーズのメンバー。こいつら、なんてイイ音を出すんだよ。これを思い出に死のうか、あるいは再スタートとして生きようか考えた。


       今回の嵐の中のライヴで、確かに感じた事は、オイラがロックの神様に目をかけられている…と云う事実だ。そして、現世でオイラの音楽を支えてくれる仲間たちがいるって事だ。多分、オイラが自殺なんてしたら少しは悲しむだろうしね。


       …結局、生きる事にした。


       ただ、現実的に、経済活動としての「中野D児」に今、風は吹いて来ない。従って、その辺りは「中野敏栄」として折り合いをつけられる状態を探りながらやっていこう。

       来週、自転車屋の面接に行くよ。ダメなら宅配便の倉庫整理だ。それもダメだったら…まっ、何とかしよう。面倒くさいけど…しかし、今月は家賃払えないし。仕事決まっても来月も収入ないんだよな。日払いのバイトなんて搾取されるだけで、ろくなもんじゃないから、やる気はないしね。まっ、イイや、何とかなるだろう、「生きる」という気持ちがあれば…


       …そうなんだよ。そんなオイラと音楽やエロの話をトーキン・カンバセイションしませんか…

       9月25日(日)六本木BONOS:ボーノスhttp://bonos.jp「中野D児と語ろう会、その2」をやるよ。2部構成で第一部は4〜6PMで「ストーンズ&ロックの光と影」。第二部は7〜9PMで「みんなオフレコ・・アダルト裏面史」<マル秘ゲストはあの伝説のD-Cup・中村京子>だ。参加費は、それぞれ1千円プラス・ドリンク600円〜だよ。

       ミンナ、来てくれよ。楽しみにしてるよ。まっ、「中野D児」としての数少ない経済活動でもあるしね。待ってるよ…


       ♪この道がどこを通るのか知らない/知っているのは辿りつくところがあることだけ/そこがどこになるのか/そこで何があるのか/わからないままで/別れを告げて旅立つ/信じたいために疑いつづける/自由への長い旅をひとり/自由への長い旅を今日も…




       <追伸>

       それにさ、考えてみりゃ、パンチクラウドのマスターとやるハード・ロック・バンドも本番は、12月3日なんだよ。それもスンゲェ楽しみなんだよ。やはし八つ橋、簡単には死ねないんだよ。軽はずみなこたぁ出来ないよ…♪
       

      スポンサーサイト

      0
        • 2011.10.01 Saturday
        • -
        • 12:42
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM