<< う〜ん、野坂昭如は昭和だ! | main | ドジョウは承認抜き全肯定で荒野をめざす! >>

スポンサーサイト

0
    • 2011.10.01 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    「素晴らしきアート・ロックの世界」は「地獄」であった!

    0
       
       手な和毛で、土曜日のテレ東の「美の巨人たち」。面白かったよ。
       15〜16世紀の欧州の画家ヒエロニムス・ボスの『快楽の園』って三連祭壇画の特集なんだ。左側が「エデンの園」、中央が「快楽の園」、右側が「地獄」という題材なんだ。

       右側の「地獄」って絵にみんな見覚えがあるだろう。そうだよ。ディープ・パープルの『Deep Purple III/素晴らしきアート・ロックの世界(69年)』のジャケットなのさ。
       パープルのジャケットで見た時、な〜んて不気味な絵なんだろうと思った。一応、作者クレジットはジャケットに明記されていたけど知らなかった。

       マグリットあたりはいろんなアーティストがアルバムのジャケットに使っていて知っていたけど、この作者には馴染みがなかった。Hieronymus Boschって名前。何て読むの?

       そして、この番組でヒエロニムス・ボスって読む事を知った。

       この絵、「地獄」って名付けられただけあって、スゲー不気味なんだ。まっ、このアルバムのアート・ロックなサウンドにはマッチしているけどね。だから、使われたんだろう。

       まっ、ジャケットは白黒だったけど、オリジナルの絵はカラーだ。だから、より迫力がある。地獄に墜ちた人間達が、その地獄の魑魅魍魎達に食べられたり拷問されたりしている図だ。当時の社会批判や風刺もこめられているらしい。まっ、そんな意味からもロックのアルバムのジャケットには相応しいよね。
       この番組を観た後、Wikipediaで検索したけど作者は謎が多いらしい。この絵はスペインのプラド美術館に所蔵されている由。いずれオリジナルを観に行きたいね。

       まっ『素晴らしきアート・ロックの世界』が「地獄」に存在していたとはお釈迦様でもご存知なかったろうな…£

      スポンサーサイト

      0
        • 2011.10.01 Saturday
        • -
        • 06:29
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM